高額傾向のある矯正歯科の費用ってどれくらい?

歯のケアは日常の一環に

大人になってから矯正治療を受ける場合

社会人になってから矯正治療を受ける人は多く、これまでの生活でできてしまった歪みや歯のケアの仕方によるズレなど歯や口腔内にはさまざまな変化や不具合が生じていることがよくあります。
そのズレを治し歯を本来の正しい位置にしたりより良い位置に矯正するのが矯正治療です。

大人になってからの矯正治療にかかる費用は、昨今は安価でできる治療法も出てきているため幅が大きく、数万から100万単位までさまざまです。
安価でできる方法も全ての人が対象ではなく歯並びの状態によっては適正の無い人もいるため、各歯科医院の価格設定や歯の状態によるところが大きいのが現状です。
歯科医院によって価格が大きく変わるというよりは、使用する材質や方法、その時の歯の状態によっては他の治療も同時進行で行う場合もあるためまちまちであるということです。

子どものうちに矯正しておくと費用が安い?

歯並びが気になる場合は子供のうちから矯正をしておく方が費用面で安いというメリットもありますが、一般的に治療期間も短くて済むことが多いです。
子供の時期に行う矯正には大きく分けて2種類あり、乳歯の時期に行う矯正と永久歯に生え変わった状態で行う矯正です。

歯並びが複雑であったり虫歯など歯や口腔内に不具合がある場合によっては変わりますが、費用の目安は大体50万前後であり大人になってから行う矯正に比べて安く済むことが多いでしょう。

もちろん、子供のうちに矯正治療を受けても成長過程や生活習慣によって歯並びは変わりますし元に戻ることや更に悪くなることもあるので、大切なのは矯正後の生活習慣といっても過言ではありません。


このPostをシェアする